歯周病治療

歯周病について

歯周病は、歯の根を支える骨が溶けてしまう病気です。
ふつう20年30年と長い間に徐々に悪化して、最後には歯が抜けてしまいます。そして抜けてしまう前に、強い口臭や全身の病気の原因にもなる厄介な病気です。
しかし、そのあいだ全く痛くないし、臭いも本人には感じられず、骨が溶けていることも歯肉で隠れているため鏡にも映らないという、全く自覚が出ない病気です。
ある程度悪化してから、体調が悪い時にうずいたり歯茎からの出血で気になる程度です。噛めない、腫れる、歯が動く、隙間ができた、歯並びが変わった、などご自分で歯周病だと気がついた時にはかなり悪化している場合が少なくありません。それがとても早く現れる方もおり、一筋縄でいく簡単な病気ではありません。

原因は決して年のせいではありません。病気ですから、ふつう、治せます。
もしすでに歯周病になっていても手遅れと諦めないでください。
ほとんどの方に、効果的な治療方法があります。

歯並びが悪いと起こりうる問題点

ひと昔前は歯槽膿漏と言われていましたが、現在は、歯周病とか歯周疾患といわれます。字が意味するとおり、歯肉に初発して歯槽骨(歯を支える骨)や歯根膜(歯と歯槽骨つなぐ結合線維)を破壊していく病気です。
 
歯周病の初期症状は、歯肉の発赤や腫脹(赤く腫れること)ですが、痛みなどの自覚症状が少ないため気付かずに進行します。歯と歯肉の接合部の炎症は、歯周ポケットを形成しプラークが付着しやすくなります。プラークコントロールが不良であると炎症は進行し、歯を支える骨が吸収され痛みを伴う腫れや動揺がおこってきます。痛みがでるこの時期にやっと自覚する人が多いようです。
 
歯周病のほとんどは、プラーク中の細菌が原因となって起こる炎症性疾患です。プラークと関係のないものには、強い咬合力により引き起こされた外傷性のものもあります。

歯並びが悪いとどうなるの?

歯周病も虫歯と同様に、複数の原因が重なり合って起こります。口の中の状況、食生活、生活環境、全身の健康状態などが複雑にかかわって発生、進行していきます。
  
歯周病の局所的原因は、ポケット周囲に停滞するプラークです。プラーク中に生息する細菌は、食物残渣を分解し、歯肉の炎症を誘発する有害物を産生します。また内毒素や酵素を有するために、歯槽骨まで炎症が進み、骨の吸収を起こします。
  
歯石は、歯に付着したプラークに唾液中のカルシュウムやリン酸が沈着して石灰化されたものです。ブラッシングのみでは取りずらく、表面が粗造のため、さらにその上に歯垢が付着しやすくなり、炎症を進行させます。

 

プラーク細菌の病原性をまとめると次のようになります。

 

1.付着能が強いため停滞しやすい。
2.白血球の食菌・殺菌作用を低下させる。
3.内毒素により破骨細胞が活性化する。つまり、歯槽骨がとけやすくなる。
4.組織破壊性の酵素を有する。

また、糖尿病、血液疾患、免疫力の低下などの全身的原因も、プラーク細菌に対する抵抗性を弱め、歯周病を進行させます。

歯並びが悪いとどうなるの?

矯正歯科

歯周病の治療にレーザーが本格的に取り入れられるようになり、
従来の治療法と併用することで数々の素晴らしい効果をあげています。


レーザーの光は
1)歯周ポケット内の歯垢を殺菌する
2)以下の諸症状を軽減する効果がある
  ・歯肉(歯ぐき)からの出血
  ・歯肉の腫れ
  ・歯周ポケットからの排膿
3)治癒(傷の治り)能力を促進します。

歯並びが悪いとどうなるの?

■ブラッシング 
発見さえ早ければ、完全に治るのが歯周病です。歯を削ることも、ましてや1本も抜かずに、歯ブラシ1本で治せることもあります。人によっては、病状がかなり進んでいても、歯磨きを励行することで治る場合さえあります。
歯肉炎の場合で2~3週間、軽い歯周病の場合でも2~3ヶ月歯磨きを励行すれば治りますが、これは歯石を取りのぞくことが前提となります。歯石は歯磨きでは取れないからです。
逆に、歯石を取ったからといって歯磨きを怠れば、その日からまた歯垢がつくられ始めて何にもなりません。かりに手術をしたとしても、手術後に歯を磨かなければ炎症は再発します。
まさに、歯周病の治療は、歯磨きに始まり、歯磨きで終わるといえるでしょう。毎日あるいは毎食後の歯磨きが、自分の口の中の治療になっているという自覚をもつことが大切です。

 

■スケーリングとルートプレーニング
歯の面、すなわち肉眼で見える歯石とポケットの中の見えない歯石を取ることを「スケーリング」(歯石除去)といい、そして、歯石を取ったあとのざらざらした歯の面を平らにすることを「ルートプレーニング」(根面の滑沢化)といい、この2つが歯周病の基本治療として大切な処置になります。
スケーリングおよびルートプレーニングは、歯科の治療の中でも、難しい治療といえます。軽度の歯肉炎の場合、一回1時間として二回、重度の歯肉炎では四回ほどかかります。軽度の歯周病の場合は、約2ヶ月間、重度になると3ヶ月から6ヶ月を用います。
歯石を取ると、しみることがあります。また、歯石を取ったために、歯がグラグラと動きだす場合があります。これは、バイ菌で汚れていた服を脱いだために、少々寒くなったためだと思えばいいでしょう。歯が少し動き出しても、歯肉の炎症が改善されるにつれ、徐々にもどるので心配はいりません。

 

■部分的橋正
歯が重なり合っていたり、傾いていたりすると、そこが吹だまりの様になって、歯垢や歯石がたまりやすくなります。つまり、細菌が繁殖しやすくなり、歯周病が悪化する原因となります。
また、歯周病によって、歯が本来あるべき位置を動いてしまっている場合もあります。この様な歯に対しては、部分的な橋正が行なわれることになります。口腔清掃を容易にするためです。
また、奥歯で、歯の根が2本、3本と複数になっている場合があります。そのため、歯の根の分岐部に細菌が入り、病巣を作ります。奥歯の分岐部に病巣がある場合、歯ブラシによる清掃が不可能であるために、新たな処置が必要となります。
下の奥歯の分岐部に病巣がある場合は、1本の歯を2本に分割する処置を行ないます。これにより、いままで、股であったところがなくなり、歯ブラシによる清掃は容易に可能となります。
同様に、歯の根が3本に分かれている上の奥歯の場合にも、根を1本、あるいは2本取り除く処置を行なって、清掃可能な状態にもっていきます。
奥歯に複数の根がある場合、それらの根は八の字に広がっている場合が多く、また、根と根の間隔も狭いために、このような根の分割、あるいは除去の処置が行なわれた場合には、橋正処置によって歯の根を移動させて、清掃しやすい状態にします。